カウパレード東京 in 丸の内 2006/ 国内招待作家として参加
等身大の牛の模型に絵を描いたものを 丸の内周辺の野外に展示するというイベントです。
展示後はオークションにかけられ売られていきます。
私の牛は「恋牛浪漫」

人間の青年に恋した雌牛の物語 というイメージです。
椿と共に牛模様を描いたのは、美しく咲いて枯れぬうちに首から落ちる花の姿が 牛の儚い運命に重なったからです。
99%悲恋の結末を、「この子ならあり」と思える1%のHAPPY ENDの為に 可愛い牛になるようがんばってみました。
野外展示風景
お台場の倉庫にて制作中!