2014年12月28日 ありがとう2014
HPのリニューアルや更新もままならぬまま、2014年が終わろうとしています。
1年を振り返ると「あまり作品の制作ができなかったな」という心残りがあります。
そのかわり、沢山の素敵な出会いがあったように思います。
なので今年の漢字は『会』に決定!

そんな中、昨日最後の忘年会がありました。
小説家 森沢明夫さんの『森ちゃんを囲む会』、森沢ファンの皆さんの集まり…なはずなんですけど、もう森ちゃんを囲まなくても勝手に仲良しで、おおいに盛り上がり笑顔で溢れかえっていました。
2008年から始まって10回目。私は2年ぶり2回目の参加なのですが既に昔からの仲良し気分です。多分初めて参加された方も同じではないかと思います。
森沢さんは不思議な人で、プラスのオーラしか出ていません。どんな苦しい時も絶対他人のせいにしないし、悪口も聞いたことがありません。「嘘だ!何か汚いモノがあるだろう!?出せ、出しやがれ!」とがんばって探してみたんですが全く見つからず、霊能者Aさんから『ないよ』と聞いてやっと「ないのね」と納得しました。 「しかし色気もないんだよね〜」とか言っていたら、森沢さんに対し『神奈川1失礼な人間』さんから『埼玉1失礼な人間』の称号をいただいちゃいました。てへっ。

そんな森沢さんに会いに全国から集まる人達だから、とても気持ちの良い方ばかりです。岬の喫茶店でプロポーズして婚約されたお二人や、妊婦さん、お誕生日さんなどもいらして、良い事を運んでくれそうな空気で満ち満ちていました。ここにも沢山の『会』がありましたよ。

そして、ずっとあげなくっちゃ!と思っていた「虹の岬の喫茶店 文庫」のカバー原画をやっと渡せました。
文庫化する際単行本よりもサイズが小さくなるのでカバーを目立たせる為、くすんだ冬の景色から鮮やかな夏にすることになりました。
単行本の時に冬か夏かで悩み、「冬 vs 夏」の多数決で「3(私、デザイナーさん、編集者さん)対1(森沢さん)」で却下してしまった経緯もあり…
なので「森沢さんの為に暑い夏を描こう!」と編集者さんとも話していました。
その時から森沢さんちに嫁入りする事は決まっていたように思います。絵も今頃幸せなはずです。

来年は鈴木杏樹さん主演の「ライアの祈り」が公開です。この表紙も私が描いたので実際全く関係ないのに他人事とは思えず。とってもとっても嬉しいです!そして楽しみ!

おかげさまで清々しく明るい新年を迎えられそうです。

と言っても今年も実家には帰らず描き越す予定。
来年こそは、来年こそは、来年こそはっ
『プライベート充実!』
それと
『作品制作中心』
な一年にしたいと思います。。。

みなさま、本年は大変お世話になりましてありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください!