2011年10月12日 もうすぐ個展

加藤美紀個展『おもひで箱』10/20−26 阿佐ヶ谷CONTEXT-S
詳しくはinformation(お知らせページ)をご覧ください。

もうすぐ個展です。この前お話しした「ボツにした大きな絵」を小さく描き直したもの(画像左)もどうにか完成。ごちゃごちゃしてて大変だったので終わった瞬間開放感からこんなのも作ってみました(画像右)。

(左)「PHANTOM CIRCUS」〜空想と憧れでいっぱいの夜。私は兵隊に守られるお姫様。ガラスの靴は私のもの。回転木馬は望む場所へ、お風呂にはペットのワニ。消えては現る幻影は、まるでサーカス。〜
って感じの絵です。今回はタイトルに対して一言文章を入れようと思っていて、それを考えるのもひと苦労。。。

(右)「思ひでカメラ」思い出写真2枚と未来レンズ付き。写真にはサインと落書き入り。覗けば未来が見える・・・という設定の「未来レンズ」は、腕時計用の古いガラスの風防です。ガラスに塗られた膠みたいなもの(お湯でにゅるっと取れる)が黄ばんで、いかにも年期入ってるぅ〜!って感じ。現代では何の役にも立たないシロモノです。でも、こういうガラスもの、ドキドキしませんでしたか?ガラスの欠片を拾っては魔法にかかったような気持ちになりました。お守りのようにずっと持っていたものもあります。どんなに素敵なおもちゃよりも、こういう想像力にはかなわないんですよね。多分・・・

さてさて、それからも色々な絵に挑戦しました。「挑戦」ってことは完成していないって事ですね。原画の途中でボツにしたもの、色までついた完璧な下絵、色をつける前までの下絵、ラフ、ひらめき・・・わんさかあるのですが。 私が描いていると、もうひとりの私が「こんなのツマラン。」とか、「はい。描き直し!」とか、そばで呟くんです。それでも抵抗して完成させようとしていると「ギャーギャー!嫌だって言ってんじゃないか〜!ヘタクソ!面白くない!いい絵じゃないって言ってんだよ!」と騒ぎだし、やむなくボツに。。。そして絵の残骸が山積みに・・・
まあ、遠回りの「できませんでした」の言い訳なのですがね。
思えばやりたい事の3分の1もできなかったのではないか?と思います。いや、思いつきな事もあったので半分って感じなのかな?
こういうのは「時間が足りない」という事ではないのかもしれませんね。何をどうしたいかが徐々に変わって行ったり、やりたいけど今回のテーマにはそぐわないとか、そこまで広げると収集がつかないとか。そんな感じで変化したのかもしれません。
あれは作りたかったんだけどな〜!!という後ろ髪も残しつつ。創造の泉が枯れ果てる時もあるのですが、最近はザブザブ湧いているので、またいつかの為の貯金として取っておこうと思います。

こんな感じでこの期に及んで紆余曲折したり、ボツボツ攻撃をしかけられたりして未だに戦闘中です。
すっごく行きたい展覧会があったのに期間が終わっちゃう。。。DMを渡したい人がいたのに会えなかった。。。すごく残念です。私の青春かえせ〜!
ひなちゃんの散歩も3日おき。ひなちゃんもずいぶん我慢してくれています。個展中は実家に預けるので今から気持ちがペットロス。。。さみしい。看板犬として連れて行こうか?無理無理ヘルニアちゃんのビビリ犬だった。

そんなこんなで、どうなるかまだわかりませんが、期待せずに、ほんの何かのついでに、通りがかりに、ちょいと遊びにきていただけましたら、加藤、心の底から幸せでございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。