2011年8月6日 考える

もう8月、そしてもう6日。月日が経つのは本当に早くて・・・
今日は原爆の日ですね。子供の頃「はだしのゲン」の映画を観て、しばらく飛行機の音に怯えたのを思い出します。多分あれから「原爆」とか「放射能」の恐怖が自分の中に入って来たのだと思います。それでもどこか遠い事のように思っていたのですよね。今年3月「フクシマ」とカタカナ表記される事となった原発事故。様々な思いが胸に渦まきます。
原子爆弾とはまた違うじわじわと蝕む被害は甚大で、土地も職も信用も安全も安心も命も、色々なものが救われずに苦しんでいます。
アルピニスト野口健さんの7/30のブログ「福島第一原発、20キロ圏内の世界」を読んで、私は考えるだけでそれでいいのだろうか?とまた考えます。豚がウジ虫だらけの豚の死骸を食べて生き延びている生き地獄。それでも必死に生き延びた命を「出荷できないから」という理由で安易に殺処分してしまう国の姿勢。愛情込めて育てた農家の方々の心痛はいかほどでしょう?経済的な打撃に加えて地獄から救い出してあげられない苦しみ。どれだけ辛く苦しいか、想像しただけでもいたたまれません。「家畜は食用として殺される運命だが、その死と殺処分の死とでは意味が違う。命の為に命を頂くことが食べる行為、食べるという事。家畜の命をものとしてしか扱えなくなったら、その考えは同じ人間に向かっていくことになるだろう。」野口さんの言葉が胸に刺さります。「警戒区域内の中で生き残った牛たちをどのようにして飼育していくのか。色々な方々と意見交換を行いながらアクションを起こしていきたい。」と最後に語ります。『思う。行動する。続ける。』富士山の清掃登山にしても、実際に行動する人達には頭が下がります。ずっと上げられません。心から感謝いたします。私は何ができるのだろう?堂々と生きる為にも自分ができる「行動」は何かを考え続けます。
命に対する考え方が国を作っている。外国での出来事を見てもそう思います。原爆・・・敵国とはいえよくあんな物を人間に向けて落とせたものだと驚きますが、時は流れ、人も国もきっと変わりました。核兵器の必要が無い世界になって欲しいです。原発も、毒に対する解毒剤がない限り使い続けるのは危険に思います。今はジュラシックパークに閉じ込めた恐竜みたい。ドラえもんのスモールライト級の科学技術で、あっという間にトカゲに変える技が手に入るまでは封印した方が良いように思います。そんな魔法が無いのなら100年先でもかまわないので核の無い世界に住みたいです。夢見た未来に向かおうとするのが人間というもの。描く未来は明るく平和でありたいものです。

さてさて、話題を変えます!今日の画像は個展の制作に関する画像です。

a:いつでも私を見張るひなちゃん。絵を描いていてふと見上げると・・・痛い視線が。また見ている。どっからでも見ている。

b:美少女高校生の下絵の下絵。制服を着たカスタムブライス関連で、制服を着た高校生の絵を描きたいと考えていました。子供の頃「奇麗なお姉さんになりたい」と憧れた「美少女」・・というテーマです。高校生を描くなら母校の制服を描きたいな〜と思い、母校の制服を描くなら一緒に青春した友人にモデルになって欲しいな〜と思い。ってことで、この年齢で若さ溢れる制服を友人のKSちゃんに着せてしまったのでした。変態を通り越し、老いと向かい合うオソロシイ瞬間です。ビクビクする。
ところが、美人でスラッとした年齢不詳のKSちゃん。「未だにお似合いですよ〜!きゃあ〜かわいい〜!きゃあ〜懐かしい!」なんて言うのは私だけ?そのお写真を載せたいところですがKSちゃんにぶっとばされるので絵を載せてみました。
私は「こんな絵を描きたい」とスケッチしたら、背景、人物、小物とバラバラに描いて完成度を上げ、パソコン上で再び組み立てて色もつけ、バッチリな下絵を作ります。学生の頃は「全てインスピレーションよ!」と下絵なしで直接キャンバスに描き始めていたのですが、社会に出て「どんな絵を描くつもりか」という事を仕事相手にしっかり伝える必要があり、バッチリした下絵を描くようになりました。絵の具で本番を描く時に無駄に悩む必要がなくなったので「下絵ってすごく大切!」と今は思っています。そのうち「芸術は爆発よ!」と下絵を捨てる日が来るかもしれませんけどね。

c:そんなKSちゃんはカリグラフィーが得意。以前KSちゃんのサインがとても素敵で「私も欲しい!」と言ったらこんな素晴らしいサインを考えてくれました!みき感激!!

d:さっそく完成した絵にサインしてみました。KSちゃんはカリグラフィー用のペンでスラスラと美しく描くのですが、私はぺたぺたとレタリング。絵の大きさや雰囲気によって飾りの部分をシンプルにしたり無くしたりする必要があるので申し訳ないのですが、サイン1つで絵がとても引き締まります!素敵なサインをありがとう!!
(業務連絡:お礼はリビングを飾る絵を描くってことでよろしくお願いいたします。とびっきりなの描きます。年末までちょっと待ってね。)

美少女の絵、楽しみにしていてくださいね!フランス書院さんのお仕事で「美しい女性」について真剣に考え始めた最近の私。仕事をどこまで生かせているのでしょうか??そこんところもお楽しみに!と、自分でプレッシャーをかけて落ち込んでみた。。。自虐的。。。